どうしてこうなった

億ションマンションとしてこれから豪奢な建物でのライフスタイルが幕を開けようとしていた最中で起きた、建築物として違法な作りをしていると認定されてしまう。居住予定者の人々にとってまさに青天の霹靂だったはず、これについてはお悔やみ申し上げることしか出来ない。第三者としてこれ以上何も言えないのが歯がゆい限りだが、そもそも完成間近の建造物が実は違法、などと言われて納得はもちろん、そもそも検査時にわからなかったのか。怪しげな部分はきちんと追求してから建築許可を出すのではないのかと思う辺り、どうにも欠陥部分を見過ごした役所にも一旦の責任はあるでしょう。わざわざ建築確認、という一段階の工程を設けてクリアしてから建築作業を始めるにも関わらずだ。

ではこうした問題に際して出てくる『建築確認』とは一体何なのでしょうか。必要書類を提出し、役所がその中身を見て問題なければ申請が通過して建築許可が下り、工事が始まるという段取りだろう。見逃したで住む問題と考えるには、居住予定者に対しての負担が大きすぎる。これはさすがに自己責任という一言では片付けてはいけないはずだ。建築確認が一体どういうものなのか、こちらについて考察をしていこう。

建築確認とは何か

建築確認とは何か、という話をする際に端的な言葉で綴るとするなら、

『建築しようとする建物が建築基準法などの法令・各種基準に準拠しているかどうかを調べること』

この点を指しています。これから建築する建物が違法なものではないか、どこかに欠陥がないかを調べる工程ということになります。この工程は一定規模以上の建築物は全て届け出を提出しなければ、工事を始めることが出来ない。タワーマンションなどを始めとする建築物が周辺住民たちとの間で問題になるケースでも、この建築確認さえクリアしてしまえば建築する口実は十分整ってしまっているわけだ。

東京都内はもちろん、全国各地の都市部に該当する全ての建物は事前に建築確認を役所が設定している『特定行政庁』なるところへ届けていなければ、許可は当然下りません。そのためここの許可を取らずに建築作業をしているなら明らかな不法行為として断じられてしまいます。ただ逆に通ってしまえば許可のもとに建築予定の建造物を造ってもいいということだ。ここのところが周辺住民との日照権を巡っての争点になるのでしょう。譲れない点で問題が深刻化するのも何となく分かる案件だ。

建築確認の段階により

ではこの建築確認の許可申請を行って、最初に通過したとする。その段階から例えば新築物件の販売をする際に販売するといった旨の広告をしたとします。一見許されているように見えますが、これはアウトな行為だ。建築確認において、必ず販売と宣伝は『物件が完成してから』行わなくてはいけない決まりとなっています。ここのところをうっかりしていると、せっかく下りた許可が取り消されるかも知れないので、業者が最も油断してはならない点だ。

ならこれらの確認作業がどこまで進行したら宣伝などしたら良いのかというと、『物件がきちんと完成して確認されてから』になります。建築確認にも色々な段階があって、

設計図書に基づいての建築確認→工事着工→規模によっての中間検査→工事完了→完了検査

5段階あり、内1・3・5のそれぞれの序盤・中盤・終盤の3つでそれぞれの建築確認をしてもらって発行される『合格証』を取得していなければ販売することはもちろん、広告で宣伝することも許されないのです。ル・サンク小石川後楽園にしても、これら全ての建築確認をパスしていたにも関わらず、法律的な見解から見ての違法性を見抜けなかったわけだ。

途中で方針展開をしての?

可能かどうかわからないが、途中で図面を変更しての改変が施されていたなどとすれば、見逃した原因にも繋がりますが、その可能性は低いでしょう。5段階行っての建築確認ですから、そのいずれの段階でも元となる設計図書をコピーなりしているはずだ。それを見て図面そのものを改変したというならすぐ違和感を覚えるでしょうが、そこまで細かなことをしているとは言えないでしょう。どこかで建築確認を見落とした、そう言わなければ今回のことは説明できないでしょう。

不幸な事故だった、では片付けられない

何度もいうが、今回の事態は正直不幸でした、今回は気の毒と思って諦めてくださいというには資金的な問題などを加味しても、飲み込めるものではないでしょう。居住していた人の中には2月以降に住む場所を既に手放している、という人もいたくらいですから生活設計そのものが一から狂ってしまった。そのことを差し引いてもこの案件で後に建築確認に重大な不備があったから住めません、というのを言われて納得するなど、割り切れる人はいないだろう。